03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

継続は力なり 

サイト開設四日目にして既にブログに書くネタが無い佐守ゆーとです。何という三日坊主。

「継続は力なり」という言葉をご存じない方はむしろ少ないと思いますが、さてどうでしょう。果たしてそれを実践できているという方はどれだけいるのでしょうか。

今更になって気がついたのですが、勉学に限れば知識が豊富な人とそうでない人の差ってここかなと思います。継続してやればそりゃたくさんやってるんだから知識が豊富になって当然だと思うかもしれません。まぁ、確かにそれもそうです。ただそれ以上に、よくある試験前だけ一気に勉強というのは効率が悪くて仕方が無いと思うのです。

かくいう私はまさにそういう生き方をしてきた人間で、学校の試験も資格の試験も一ヶ月程前から遊ばず集中して勉強というやり方でした。一夜漬けとは違ってそれなりに勉強量は確保しているので意外と覚えるものなのですが、このやり方の最大の欠点は持続力がないことです。

この場合でいう持続力とは、一つは「勉強のモチベーション」、もう一つは「知識」です。

前者は言わずもがな。普段さぼってた人間が一ヶ月前から勉強を始めるのならそれだけその一ヶ月間は集中しないといけません。しかし、人間多少の息抜きは必要です。その一ヶ月間は趣味の時間が全く取れないと感じると、いずれ勉強が苦痛になってきて持続できなくなってくるのです。難易度の高い資格や受験勉強など、試験範囲が広くなってくればそれこそ対応できなくなります。

後者は勉強量が同じくらいなら大差ないと思うかもしれませんが、実際は一気にやった人と継続してやってきた人とじゃ雲泥の差があります。何故なら一気にやった人は一過性の知識しか得られていないので、試験が終わるとすぐに忘れちゃうのです。私も一ヶ月間必死に勉強して取った資格がありましたが(超ギリギリ)、それ以降全然勉強していないため今はもう全く覚えていません。資格は取っただけじゃ意味がなくて、それだけの知識があるということの証明に使うものなのに、その知識がない状態で保有しちゃっているのです。はっきり言ってこれはやばいです。期待はずれもいいとこの人材になりますから。

勉強は筋トレと同じようなものですね。筋トレだって一ヶ月間やりまくればそれなりの筋肉がつくかもしれませんが、それからやってなかったらすぐに元に戻ります。でも、筋トレを無理しない程度に毎日続けている人は、確実に筋肉がついていきます。脳もよく分かりませんけど同じ感じなんですよ。

で、別に皆に説教したくて書いたわけじゃなくて……単純に自分のやり方が本当にまずいと思ってきたが故の自戒です。最近中学時代の友人たちがTwitterでとてつもなく高度なレベルの話をしていて(ちなみにフォローせずこそこそ見ているだけ)、このままじゃ差をつけられっぱなしだなぁと。彼らは中学の頃から毎日勉強していたのですよ。別に勉強しかしていなかったわけじゃなくて、ある程度勉強をして遊んでいたって感じです。その頃私は試験前以外はずっと遊んでいました。その結果が今頃になって如実に表れ始めてきているなと痛感しました。

結局のところ試験をパスするために勉強をするって考え方が一番の間違いだなと。勉強は知識を身につけるためですから。一過性の知識じゃそれを真に自分のものにする前に忘れてしまいます。でも勉強が楽しく感じるときって、知識が身についてきたと感じてきたときですよね。それなら普段から少しずつ勉強している方が、知識が継続するし趣味の時間も取れるしで都合が良いんですよ。問題は分かっていても実践することが難しいのでそこをどう乗り越えるかなんですが。先ずは30分でもいいから机に向かってみて勉強してから思いっきり遊ぶ、っていうのを体に慣れさせるところからかな。


カテゴリ: 雑記

tb: --    cm: 0

« 努力の方向性  |  Twitter導入 »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。